asahi.com(朝日新聞社): 野田

野田佳彦首相は8日、就任後初めて福島県入りした. 東京電力福島第一原子力発電所を視察したほか、午後には佐藤雄平知事と会談し、政権として原発事故の収束に最優先で取り組む方針を表明する. 放射性物質を含む廃棄物の中間貯蔵施設のあり方についても意見交換する. 首相は8日午前、原発事故対応の拠点となっている楢葉町の「Jヴィレッジ」を訪れ、作業員や自衛隊員を激励した. この後、第一原発に移動し、損傷した原子炉建屋などを視察. 首相は原発内の緊急時対策室で、東電の社員ら200人を前に「事故の収束は国が、世界が望んでいる. 克服できるかは皆さんがカギ. 私も皆さんと心を合わせて、力を合わせて懸命に努力する」とあいさつした. 高い放射線量が観測された大熊、双葉両町の一部地域も車中から視察する予定だ. ナイキエアマックスグリフィー1

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s