asahi.com(朝日新聞社): ロシ

ロシア連邦宇宙庁は15日、打ち上げに失敗して地球を周回する火星探査機「フォボス・グルント」について、探査機の破片が地上に落下する最新の予測を発表した. 破片はモスクワ時間15日午後9時半(日本時間16日午前2時半)から15日午後11時12分(同16日午前4時12分)に落下するとしている. 宇宙庁が予測する落下可能性がある場所には、中国、豪州、欧州、アフリカ、東南アジア、南米などが含まれている. 範囲は徐々に狭まり、日本は外れた. キャンプキック: スニーカー収集ドキュメン インタファクス通信は当局者の話として、破片はモスクワ時間15日午後9時50分(日本時間16日午前2時50分)ごろ、アルゼンチン北部の都市ロサリオの西約120キロ付近に落ちる可能性があると伝えた. (モスクワ=関根和弘). App通信】『ダンガンロンパ』『D.C.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s